脚痩せの秘訣

正しく座って脚痩せする

日本人が昔から親しんできた行動の中に、脚痩せには向かない行動があることをご存じだったでしょうか。

 

その行動とは「正座」なのです。

 

書道や茶道、華道などのお稽古事では必ず必要となるものですが、私達日本人はそれ以外でも畳や床に正座で座るという機会や習慣が多くあります。

 

しかし、この正座というのは、脚に負担をかけてしまう行動になるそうです。

 

その証拠として、正座をしている最中に感じる、脚の痛みや痺れがあります。

 

膝を曲げた状態の脚に、体重がかかるわけですから、血行不良を起こし、それが痛みや痺れとなって現われるのです。

 

血行が悪い状態を作ることは、脚痩せを目指すためにはなるべく避けたい事柄ですから、日頃からむくみを感じやすいような方は、出来る範囲でイスを利用するなどして気をつけた方が良いでしょう。

 

しかし、場合によっては正座でなければ失礼になってしまう場合もあります。

 

その時は、背筋を伸ばして正しい姿勢で正座をし、少しでも脚の循環が良くなるように、お尻の下で重なり合っている脚を定期的に入れ替えるようにしましょう。

 

但し、脚を崩せる場合でも横座りは絶対にしない様にしましょう。

 

横座りは、左右どちらかに傾いた状態で座ることになるため、脚痩せは愚か、骨盤や体の歪みを作ってしまう原因になってしまうのです。

 

脚痩せのためには、体のバランスも重要となってきますから、楽な姿勢をとれる場合は、膝を伸ばした状態で座るほうがいいでしょう。

 

座るという行動は常に行っていることなので、ぜひ正しい姿勢を保つということを意識して座るようにしてみましょう。。

 

きっとあなたの脚痩せにも変化が現れるのではないでしょうか。

正しく座って脚痩せする関連エントリー


脚痩せの方法や注意点をわかりやすく紹介しています

Copyright (C) 2010 すっきり脚痩せガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

正しく座って脚痩せする